LongValleyStreamいつかあの渓で

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆「ディテール重視」 DPP4での新ピクチャースタイルって...

<<   作成日時 : 2017/01/29 21:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

CANON(キヤノン)の5DS・5DSrから新たにカメラ本体に搭載されたピクチャースタイル(PS)の中に
ディテール重視」というものがありますね。
2015年6月のことなので、キヤノンEOSユーザーならもう殆どの方がご存じのPSだと思いますが...

また、それと同時にCANONの純正RAW編集ソフトであるDPP.4(Digital Photo Professional 4)にも
このPSが加わり、編集時にも「ディテール重視」を選択できるようになりました。

簡単にこのPSスタイルを説明するなら“繊細な質感を描写することを優先したスタイル”ということに
なるのでしょうが、実際にこのPS「ディテール重視」で撮影した写真は、エッジのシャープさを細かく
繊細に表現した写真に仕上がるようですね...。

そして同時に色の表現もかなり変わるようで、PS「風景」で撮ったものより明らかに自然な色合いに
仕上がる気がします。

いちばん自然に仕上げる為に用意されているPS「忠実」では、逆に実際の見た目よりも上品に薄い
色合いに仕上がる気がしていた私にとっては、色濃く写りすぎる「風景」とのちょうど中間あたりの
仕上がりで、最も見た目に近い自然な色合いが好みで、今後出番が増えそうなPSスタイルとなり
そうです^^

また「ディテール重視」の繊細さを更に自分好みに調整するために、シャープネスの設定に「強さ」
「細かさ」「しきい値」という調整の選択紙も与えられ、シャープネスを掛ける範囲やシャープネスの
太さ等も自分で選べるようになりました。(その辺りは他のサイトでご確認頂ければと思いますが...^^;)

今回は、その描写の繊細さというよりも、色合いの違いの方に着目しての比較記事となりますので
色の出方に興味のない方は、この辺りでご退出頂きますようお願いいたします^^;

今回比較のために用意しました写真は2017年1月25日に西伊豆の大瀬崎と恋人岬で撮影した
2枚になりますが、「ディテール重視」他、DPP4のPSの参照ボタンから追加で選べる新たなPS
「ノスタルジア」「クリアー」「トワイライト」「エメラルド」「紅葉」「スタジオポートレート」「スナップショット
ポートレート」もおまけで比較対象とさせて頂きました。

画像
@ PS 「オート」 3.4.4 (※数字は左から「強さ・細かさ・しきい値」の順です)
画像
A PS 「風景」 4.4.4
画像
B PS 「スタンダード」 3.4.4
画像
C PS 「ニュートラル」 0.2.2
画像
D PS 「忠実」 0.2.2
画像
E PS 「ポートレート」 4.4.4
画像
F PS 「スタジオポートレート」 2.4.4
画像
G PS 「スナップショットポートレート」 2.4.4 
画像
H PS 「エメラルド」 3.4.4 
画像
I PS 「クリアー」 3.4.4
画像
J PS 「紅葉」 3.4.4(※赤やオレンジが無いので無意味ですが...赤い屋根だけ見てね) 
画像
K PS 「ディテール重視」 4.1.1
画像
L PS 「トワイライト」 3.4.4
画像
M PS 「ノスタルジア」 0.2.2

続きましては、駿河湾に沈む夕日(恋人岬から)の写真で比較してみて下さい。
画像
@ PS 「オート」 3.4.4
画像
A PS 「風景」 4.4.4
画像
B PS 「スタンダード」 3.4.4
画像
C PS 「ニュートラル」 0.2.2
画像
D PS 「忠実」 0.2.2
画像
E PS 「ポートレート」 4.4.4
画像
F PS 「スタジオポートレート」 2.4.4
画像
G PS 「スナップショットポートレート」 2.4.4 
画像
H PS 「エメラルド」 3.4.4 
画像
I PS 「クリアー」 3.4.4
画像
J PS 「紅葉」 3.4.4
画像
K PS 「ディテール重視」 4.1.1
画像
L PS 「トワイライト」 3.4.4
画像
M PS 「ノスタルジア」 0.2.2

ここまで見て頂いて、なんとくだらない比較なんだろう...。
極端なものを除けば殆どその違いが分からない...。
そう感じられた方も少なくはないとは思いますが...^^;
でもこのPSの違いでそれぞれに微妙な色の違いがあります。

どのピクチャースタイルが一番美しく感じるかは、撮る人見る人の感覚でそれぞれ違っていて当然です。
撮る被写体によっても、その選択はその都度違ってくるでしょうしね...
皆さんも撮影のご参考になればうれしい限りです^^

美しいものをより美しく。より繊細に細部にまで拘ろうとするCANONさんの姿勢には頭が下がりますね。

比較ついでに「ディテール重視」設定だけで撮影した西伊豆の風景をデジブック広場作品で
纏めてみました。もしよかったらお時間がある時にでもご覧下さい。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

MyFavoriteリンク集

☆「ディテール重視」 DPP4での新ピクチャースタイルって... LongValleyStreamいつかあの渓で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる