LongValleyStreamいつかあの渓で

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆吾妻山公園の菜の花と水仙

<<   作成日時 : 2017/01/18 16:20   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

1月16日。前回の伊豆爪木崎に続いては今回も神奈川県の水仙と菜の花の名所
二宮町にある吾妻山公園へと出掛けてみました。
もちろん山頂から眺める相模湾の海もとても綺麗です^^

この日は例年よりも少し早目に家を出て、公園開園時間のAM8:30よりも1時間ほど前に現地に到着。
「菜の花祭り」用に用意されている臨時駐車場の開門時間もAM8:30と1時間も開かないので
近くで他の駐車場探してみるとなんと二宮駅の駐輪場の少しだけ先に時間貸しの駐車場があって
24時間最大800円となんともお安い設定金額です^^
しかも臨時駐車場よりも公園入口までの距離が1/2以下と非常に近く、300円しか違わないなら
これからはこちらの時間貸し駐車場の方が重宝しそうです^^;
画像

吾妻山公園入口には開門時間前ということで地面から30cm程の高さにチェーンが掛けられて
まだ入ってはいけませんよ感が漂っていましたが、中の階段からは朝のジョギングやお散歩の方が
何人か下りてこられました。
それをみた私は罪悪感も軽くなり約300段の階段を上ってみると、富士山を背景に菜の花が撮れる
場所には既に7〜8本の三脚が立てられて撮影をされている方がいらっしゃいました。
実際のところは自己責任ならば24時間入れる公園だったようです。
過去にこれほど早い時間に現地に着いたことが無く今更の発見でもありましたが...^^;
上の写真は山頂に到着して富士山にお尻を向けて最初に撮ってみたAM7:45分頃の写真です。
菜の花と富士山のコラボよりもこちらの方が美しく清々しく感じたもので...^^;
画像

そしてこちらは菜の花と相模湾。
画像

こちらは菜の花とうっすらと雪を被った丹沢山系...。一番高い山は塔ノ岳でしょうか...?
画像

こちらも菜の花と相模湾の一枚。んっ?何んだか違和感がありますが...とりあえず置いといて^^;
画像

そして菜の花と富士山の一枚。んっっ?ここまでくると違和感どころかハッキリクッキリし過ぎだなぁ〜。
画像

こっちだったらまだ違和感なく隠し通せたかな...?

ということで今回の撮影では今まで使ってなかった小物がレンズと被写体の間に挟まっていました^^;
最初の海の1枚で気が付かれた方はなかなかの写真機材つうの方ですね。
最後の1枚でほとんど方に気が付かれてしまったと思いますが...。
そうです。今回の撮影ではあの四角いやつを気付かれないように使ってみたのですが
やっぱりバレバレのようですので今回はその答えは書かないでおくことにしときます^^
画像

そして吾妻山の水仙も沢山撮ってきましたよ。

水仙を下から見上げるように私が撮っていた時、たまたま耳にしたすれ違いざまのおばさん達の会話...。
「爪木崎なんてわざわざ遠くまで行かなくてもここの水仙見るだけで十分よねぇ〜」
「ほんとほんと。あんなところまで水仙見に行く人の気がしれないわよねぇ〜。」

まるで私が先週わざわざ「爪木崎」まで水仙を撮りに行っていたことを知っていたのだろうか...?
なんと恐るべきおばちゃん達の透視能力と嫌味の会話力!
いや!そんなことバカなことなど決してあろう筈がない。。。

それにしてもおばちゃん達の会話っていつも私には嫌みにしか聞こえないのは一体何故なんだろう〜?
私の心がおばちゃん達の会話を自然に嫌みに翻訳変換してしまう体質なのか...?
はたまた、おばちゃん達の会話には いつも心の中の嫌みや僻みが自然に入り込んでしまうのか...?
今後の私の重要研究課題のひとつにしたいと思います^^;;


御多分に漏れず今回の吾妻山の写真ももちろんデジブック広場作品に纏めさせて頂いております。
海と菜の花と水仙』もしよかったら覗いてみて下さい^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

MyFavoriteリンク集

☆吾妻山公園の菜の花と水仙 LongValleyStreamいつかあの渓で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる