LongValleyStreamいつかあの渓で

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆鎌倉の紅葉 燃え上がる最盛期(見頃)はいつ頃かな。。。

<<   作成日時 : 2016/11/13 20:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

[鎌倉五山] ブログ村キーワード
記事のUPが遅くなりましたが、11月9日に紅葉が燃え上がる前の鎌倉の4古刹を尋ねてみました。
晴れ予報だった筈なのに朝方は時々雨がちらつく生憎の空模様。。。
でも鎌倉には雨もよく似合いますが...。降り方がなんとも中途半端...とほほな一日でした。
画像
まずはじめはこちらのお寺。
鎌倉五山第四位の「浄智寺」さんでした〜。
仏殿裏手にある茅葺きの素朴な造りの書院の庭には、まだ八重咲のピンクの秋明菊が咲いていました。
画像
こちらは仏殿に収められている弥勒菩薩の木造三世仏坐像。
室町時代に作られたもので県の重要文化財です。それぞれ過去、現在、未来を表しているとか。。。
画像
でも、なんだかんだ言ってもここのお寺の一番の魅力は
山門にたどり着くまでの擦り減った鎌倉石の階段かな...?
画像
そして「寶所在近」の額が飾られている総門も趣があります。
「寶所在近(ほうじょざいきん)」という言葉の意味...もし気になるようでしたら調べてみて下さいね^^;

さて次に向かいました古刹は、ここ浄智寺さんから歩いて約10分のお寺...円覚寺(えんがくじ)さんです。
鎌倉五山でいえば第二位と、先ほどの浄智寺さんより更に格上の由緒ある古刹です。
画像
入口の総門前の階段両脇のもみじはまだご覧のとおりの状態です。
画像
ただこれを総門の内側から逆光ぎみに撮るとこんな感じに仕上がります。
紅葉を撮る時は順光がよいのか?それとも逆光がよいのか...?その問いの答えが明確に分かりますね^^
まぁ〜好みの問題でもありますが...。

私のブログにも再三出てくる、この「鎌倉五山」という非常によく聞く名称。。。
今回登場しない第一位は「建長寺」、第三位は「寿福寺」、第五位は「浄妙寺」というお寺になります。

そもそもは鎌倉幕府が五代執権「北条時頼」の時に、臨済宗のお寺を管理下に置きコントロールする為
中国の五山の制度に倣って始めたものらしいのですが、現在の順位付けが固まったのは室町時代で
それまでは順位が変わったりしていたそうです。

ではなぜ「鎌倉五寺」とか「鎌倉五刹」ではなくて「鎌倉五山」なのでしょう。。。
これも、もとはと言えば中国のお寺に由来するようですが、お寺の名前は日本全国で同じ名前のお寺が
何か所もありますよね。

例えば「光明寺」という名前のお寺は有名な所だけでも鎌倉市の材木座に有れば、京都長岡京市にも
あります。たぶん他にも幾つもあることと思います。

なので何処にある「光明寺」なのかを区別するために殆どのお寺には「山号」というものが頭につきます。
鎌倉の「光明寺」さんの場合は山号を付けて正式名称で呼ぶならば『天照山光明寺』になります。
たいがいのお寺さんは山にあることが多いので、その山の名称自体を山号にする場合が多いようです。

このことから、お寺の入口の寺の顔でもある門のことを「山門(三門)」と呼ぶことも理解できますね^^
折角なので、鎌倉五山の正式名称を山号付きでご紹介すると下記のようなお名前になります。

第一位 「巨福山建長興国禅寺」     (通称)建長寺
第二位 「瑞鹿山円覚興聖禅寺」     (通称)円覚寺
第三位 「寿福金剛禅寺」         (通称)寿福寺
第四位 「金宝山浄智寺」         (通称)浄智寺
第五位 「稲荷(とうか)山浄妙廣利禅寺」 (通称)浄妙寺

ずいぶんと余談が長くなってしまい失礼いたしました^^;
円覚寺の写真に戻ります。
画像
円覚寺の最も奥にある「黄梅院・聖観音堂」の前のもみじ。。。
まだまだ緑緑してますね。このもみじが色付くのは12月に入ってからになりそうです。
画像
黄梅院の石畳みも趣があってなかなかいいですよ^^
画像
円覚寺の中で紅葉が一番素晴らしい木を1本上げろ。
と言われたら、この佛日庵前の大きな1本のもみじでしょうか...?(私的には...ですが)
現在はご覧の通りでまだまだといったところですが...
画像
2年前の3週間後はこんな感じで...
画像
1年前の3週間後はこんな感じでした^^;

そして円覚寺さんを出て横須賀線の線路沿いを八幡宮方面に5分ほど歩き、左に曲がって
更に5分ほど歩いたら、毎年6月には青色一色の紫陽花色に染まるこちらのお寺さんに着きます。
画像

紫陽花の最盛期に比べたら1/50程度の来院者しかおらず、静かにゆったりと過ごせる「明月院」です。
あまりに紫陽花が有名すぎて、秋のシーズンには比較的人気薄で狙い目かもしれません^^
画像
明月院境内の「月笑軒」にある1本のもみじは、毎年色付きが早く、この時期には橙色に葉を染めはじめます。
画像
鎌倉の他のもみじが色付く頃には、この木は落葉してしまいますので今の時期であればこそ楽しめる
紅葉と言ってもいいかもしれません^^
画像
円窓の向こう側の紅葉も、まだあおあおとしています。

あまり沢山ご紹介してしまっても、お腹いっぱいになっちゃうと思いますので、最後にもう1枚だけ。。。
今はまだ全く色付いていませんが、3週間後にはたぶん見事に色付いてくれているだろうと思われる1枚!
画像

このガラス一面をもみじが染める様子をどうか想像してみて下さい...。
ここのお寺は何処か?って。。。それはまた次の機会にご紹介させて頂こう思います...^^;
次回までどうしても待てない!って貴兄には↓のデジブック広場作品『秋装束を待つ古都鎌倉』の中に
答えが書いてありますのでどうぞご覧になってみて下さいねぇ〜^^


にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

MyFavoriteリンク集

☆鎌倉の紅葉 燃え上がる最盛期(見頃)はいつ頃かな。。。 LongValleyStreamいつかあの渓で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる