LongValleyStreamいつかあの渓で

アクセスカウンタ

zoom RSS ☆富士山とすすきの原っぱ

<<   作成日時 : 2016/11/02 16:48   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

10月31日の月曜日。
お休みと晴天が重なれば家でじっとしてなんてしていられませんよね^^;
自宅のベランダから西の方向に目を遣れば...残念ながら富士山は雲の中。
こんな日は過去の経験からいって富士山の直ぐ近くまで出掛けても約3割の確率でしか
富士山の全貌を見ることができないものですが、そこをあえて出掛けてみました。
結果としては運よく3割の確率の方の目が出てくれました^^
画像

この場所は裾野市須山の大野路の交差点付近です。
この交差点の北東側は全体が芒(すすき)の原っぱですが、その場所は自衛隊演習場の敷地内。
立ち入り禁止区域ですので柵が有って中には入れません。
写真を撮る場合は柵の外側から柵を入れないように工夫して撮ることになり少々苦労があります。

画像

かなり広大なすすきの原っぱで、仙石原(箱根)の数十倍の広さになります。
お時間があれば、良い撮影スポットを探して国道469号の道路沿いを歩いてみて下さい。

今回のドライブの最終目的地はここではなくて、富士山の富士宮口5合目まで登り、遊歩道を歩いて
宝永火口を眺めること...。なのでここでの撮影は15分程度で切り上げます。
国道469号線を少し車で走って「忠ちゃん牧場」の角を右に曲がると直ぐに
また広大なすすきの原っぱが広がりました。ここは「忠ちゃん牧場」の牧場地内なのかどうなのか...?
道路の両サイドはやはり番線を張り巡らせた柵で囲まれていますが所々入れるようになっています。
画像

画像

SS(シャッタースピード)を1秒まで落として撮影してみましたが、風が微妙ですすきの穂と穂が重なり
合って、ただぶれているようにしか見えませんね^^;
画像

穂先が少なめな芒を選んで撮ってみると少しは見られる写真になるような気もしますが...。
画像



芒はほどほどにして、更に車を走らせて富士宮口5合目駐車場に到着。
画像

駐車場から見上げた富士山の頂上。かなり頂上に近づいたように感じられます。
ここの標高は2,380m程度ですので 3,776mの頂上までは更に1,400mも登らなければなりません。
実際にはかなりの標高差ですが、見た目ではずいぶん近く感じられるものですね。
観測史上最も遅く10月27日に初冠雪を記録した2016年ですが一度雪が消えた後また冠雪があった
ようです。
画像

目的の宝永火口方面へ歩き始めると俄かに風が強くなり始め、どこからともなく一気に雲も湧いてきて
下から吹き上げてきます。
ちょうどお昼頃のこの場所での気温は3℃。体感的には0℃前後でしょうか...?
画像

富士の山頂を左に見上げながらカラマツが黄葉した遊歩道を宝永火口方面へと歩きます。
画像

途中ですれ違ったベテラン登山者のおじさんに「熊が出るから歌を歌ったり、大声で話をしたり、
何か音を鳴らしながら歩いた方がいいですよ〜。」な〜んて冗談とも本気とも取れる声を掛けられながら... (++
画像

そして実際途中には「熊出没注意」のWARNING表示が木々のあちこちにぶら下がっています。
画像

富士宮口5合目から遊歩道を歩いて約35分で第二宝永火口に到着です。
遊歩道というだけあってさほどの高低差はありませんのでここまではハイキング気分で大丈夫です^^
画像

ただ天気は非常に変りやすく直ぐに吹き上げる雲に覆われ、体感気温も急激に下がりますので防寒具
のご用意だけはお忘れなく。。。
写真左に宝永火口淵を上に登って行くドイツ人観光客の3人組は、ずいぶん軽装で登って行かれましたが
寒かった為か30分程度で直ぐに下りてこられました。
とか言う私も、ラグシャツの上に薄手のセーター、そして更にその上にウインドストッパー付の厚手の
フリースと3枚重ねでしたがそれでも少し寒かった。。。ホッカイロもそろそろ必要かな...^^;
こちらの案内図は富士宮口5合目のレストハウス前のものです。



にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

MyFavoriteリンク集

☆富士山とすすきの原っぱ LongValleyStreamいつかあの渓で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる