LongValleyStreamいつかあの渓で

アクセスカウンタ

zoom RSS 良い不動産屋 悪い不動産屋 普通の不動産屋 partB

<<   作成日時 : 2016/09/29 01:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

第三回目は[不動産会社に入った際の 担当者の対応で分かる悪い不動産屋]です。
まず不動産会社に入る前に あなたは何を基準にその不動産屋に入るかどうするかを決めますか…?
会社名に野菜とか花とかフルーツとか動物とかの柔らかい印象を受ける名前が付いていて入りやす
そう〜。とか…テレビ等でよく有名俳優とか使ってコマーシャルしてる大手チェーン店(FC含む)で安心
できそう〜。とか…

私に言わせるとその判断基準は完全にど素人の基準です。
何故柔らかい印象を受けやすい名称を付けるのか…?(それは その実態は柔らかくないから…!)
何故大手チェーン店のFC(フランチャイズ)に入るのか?(その名を借りないと知名度が低いから…!)
そして目立つ装飾でハデハデな外観のお店も注意が必要です。
野生動物の世界でも海にすむ魚でもハデな色使いのものにはたいがい毒がある。そういうことです…^^;

不動産会社の名前には「〇〇興産」とか「○○興業」とか「○○商会」とか「○○産業」とかの昔ながらの
昭和の香りが漂うような会社名のお店が今でも沢山残っていますよね。
ダッセ〜名前!…と思ったあなた。確かにいまどきの名前のセンスとしては確かにダッセ〜名前です
よね^^
ところがこれには第一回目の講義で書かせて頂いた「免許番号」との係わりが大きいのです。
会社名を変えても商号変更手続きで免許番号は変えなくても済みますが[免許番号]の古さを重視する
業界である為 それと同時に会社の名称にも歴史と重みがあるので おいそれとは変えられないのです。
そしてそのような商号の会社は 全体的に均して怖そうで敷居が高くて入りづらい!
でもあえて実際に入ってみて下さい(笑) イメージが変わることが多いと思います。
(たま〜に 思ってたよりも 怖かった〜!なんてことも時々あるけどね…^^;)

はい。またまた前置きが長くなりましたね。不動産会社に入った時の担当者の対応についてでしたね^^;
あなたは不動産会社に入ったら まず中をきょろきょろと見渡して 優しそうな人を捜 し目が合うのを
待ちます。

ここで入って3秒たってもどの社員とも目が合わなかったら もうその会社は止めて外に出ましょう^^
普通の会社であれば「いらっしゃいませ〜」とか「こんにちは〜」って3秒経たずに向こうから声を掛け
られます。
そして「賃貸をお探しですか…?」「どうぞこちらにお掛け下さい。」とカウンターかテーブルに座ること
になります。
おめでとうございます。「どうぞこちらにお掛け下さい。」と言われたあなたは まずは担当者のお眼鏡
に適った。ということです^^

悪い不動産屋に入った場合には 担当者のお眼鏡に適わなかったあなたはどうなるかというと
20〜30秒程度の立ち話しだけで「ごめんなさい。うちには無いわねぇ〜!」「えっ?あっそうですか…
分かりました。」とショボショボ店を出される羽目になります。
それは不動産屋の社員も色々と忙しいので お金にならないお客のお相手をしたくないからです。
良い不動産屋なら忙しくても「一応お話を聞いてあげてなんとかしてあげよう。」と座らせてくれます^^

なぜそのような対応になってしまったかというと それはたまたまあなたが貧相に見えたか
態度が不審だったから…。

不動産会社の営業マンは 店頭にあなたが入ってきた瞬間から…。
いえいえ。場合によっては外であなたがウインドーの広告図面を見ている時から あなたを観察
しているのです。

そして店に入って30秒程度の立ち話しの間に「あなたの職種。家族構成。大体の年収。探してる
物件の間取り。」その位のことは既に見極めていて見当を付けているのです。
(この見当はだいたい当たっていることが多いのですが。)

これは営業業務やクレーム対応業務、滞納賃料回収業務などなど…長年の何千人というお客様との
対応の中から “こんなタイプは滞納する”とか “こんなタイプはトラブルを起こす” とかの実体験
(痛い目)を積んでいるので身を以て知り感覚的に分かっているのです。

でもそれらはあくまでも経験による統計的なデータに基づくもので 全ての人に当てはまるわけでは
もちろんありませんよね。
その個々の営業マンの経験に基づく“感” だけで門前払いされるのも困ったものです。
(以上のことは あくまでも悪い不動産屋の場合の対応についてのことなので 誤解の無いよう
お願いしますね。)

実際に経済的に裕福で身だしなみもきちんとしている人の場合はどこの不動産会社でも丁寧に対応
してくれます。

「じゃ〜オレ様の場合は 一流企業に勤めてるし〜 金持ちだし〜 いい車乗ってるし〜
高い服着てるから…判断しようがないじゃん!」と思われたあなた。 大丈夫です^^

ちゃんとテーブルには座らせてもらえますが あなたのそのタカビーな態度で既にあなたの性格…
見抜かれています。

ですが自社の専任や管理物件で良い物件があったとしても あなたにはたぶん紹介してもらえない
可能性があります。

良い不動産屋ほど入居中の不具合やクレームの対応をきちんと遣ってくれる傾向が強いですが
それには大変な労力が必要なのです。

その為自社の専任や管理物件には、できるだけ高慢ちきで 些細なことでも直ぐにクレームを入れる
あなたのようなタイプの入居者はできるだけ入れないように常に留意しています。
よって紹介もしてもらえない可能性が高いので 不動産会社に入店する際には できるだけあなたの
本性が見抜かれないように 常識人を演じましょう〜^^

そして最近ではめっきり少なくなってしまった「大手法人契約限定」とか「大手法人契約希望」の
広告フレーズ。
20年前なら限定しなくてもマンション1棟に30室あるとすれば25室が法人契約!という時代でした。
会社が12万円〜15万円位までの家賃を払ってくれるので、法人契約制度のある社員は挙って皆さん
限度額いっぱい(場合によっては限度額以上)の賃料のマンションを自分で探して会社に家賃を払って
もらっていました。

その一部は住宅費の負担金として給与の中から差し引かれてはいたわけですが…。
もちろん貸主側も賃料が滞る不安も殆どないので安心して法人に貸していました。
それが今では30室あるとすればせいぜい5室程度が法人契約です。
これは多くの上場企業が借り上げ社宅制度を廃止し、家賃補助という形態に変えてきたから。というのが
最も大きな理由です。

それではなぜ最近では法人契約(社宅借上げ制度)がほとんどの企業から無くなってしまったのか…?
その理由は 日本経済の失速。日本企業業績の低迷。といったことが間違いなく最大の理由ですが
他にもあります。
それは 社宅を借り上げて社員に住まわせることが企業にとって如何に煩わしいか!ということです。

社宅を借り上げる手続きを行うのは一般的に総務部か人事部です。
社員全員分の契約手続きや更新手続きは当然のことですが 社員が借上げ物件で起こす(または巻き
込まれる)トラブルの対応の数がいかに多いか…!
貸主側や物件に問題点がある場合も勿論あるのですが、大多数は入居者の借上げ社宅の使い方の
問題なのです。

自分の家計から賃料を払っていない社員(入居者)は 自身がその物件を借りている当事者であるという
自覚が薄く個人で借りておられる入居者と比べて 物件自体を丁寧に使わない傾向が強いのです。

そして自分のことは棚に上げ 周りの部屋の入居者の騒音などにはガンガンクレームを入れてきます。
所謂「権利は主張するが義務は果たさないタイプ」の方ですね。いまもジワジワ増えていますけど…^^

直接不動産会社に話す人もいれば、借主は法人であるため法人の総務部の担当者経由でクレームを
伝えてくる方もあります。
その対応に追われる総務部担当者の気持ちを慮ると なんともかわいそうになるのですが…。

そういった事情も借上げ社宅制度が急激に減っていった原因ではないかと私は勝手に思っています^^
(いま現在借上げ社宅に住んでいらっしゃる皆さん。あなたのことを書いている訳ではありませんよ。
中にはとても常識的に綺麗に静かに住んで頂いている方も沢山いらっしゃいます。
これもそういった傾向が強い。という統計的なものですので あまり気にしないで下さいね)
そして最近では「大手法人には貸したくない。」という家主も少しづつではありますが増えてきています。

今回のテーマ…[不動産会社に入った際の 担当者の対応で分かる悪い不動産屋]でしたが
なんだかテーマ...変えた方がいいかもしれませんね。

[不動産会社に入った瞬間に見抜かれている あなたの素性]って…^^;
なので皆さんも不動産会社に入店する前に その会社の素性を見抜ける力を身に付けておきましょうね。
そのような次第で今回はテーマの結論は割愛とさせて頂きます。悪しからず〜^^

この内容は私個人の勝手な思い込みかもしれませんので、不動産会社を最終的に決める際の参考
程度として頂き、ホンマでっかぁ〜!という観点でご笑読ください^^
最終的なご判断はあなたご自身の自己責任ということでよろしくお願いいたします。
また悪徳不動産会社様からの脅迫コメントもご容赦願います。アナリティクス機能であなたのコメント
発信元を特定させて頂きます^^

次回のテーマ…何にしようかなぁ〜? テーマを設定しても いつも話が脱線しちゃうしなぁ〜。
取敢えず[契約時に明細に乗せられる契約金の中身で分かる悪い不動産屋]ってことにしときますね^^

にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文

MyFavoriteリンク集

良い不動産屋 悪い不動産屋 普通の不動産屋 partB LongValleyStreamいつかあの渓で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる